about

今、暮らしに寄り添う布を。

織工房enとは

「伝統的な染織技法で今のライフスタイルに寄り添う品を創る」をコンセプトに、糸染めから織り、縫製に至るまですべて作り手の一貫した手仕事によるものづくりをしています。ブランド名「en」には、人のご縁、艶やかなシルクの艶、角なくつながる円・・・という様々な意味を込めています。世界にひとつだけの「宝物」と思って頂けるような、心のこもった逸品を届けたいという想いで、商品は全て一点もので制作しています。


織り人プロフィール

渡邊 史織/Shiori Watanabe
 1983年 大分県日田市生まれ。
 女子美術大学工芸学科織専攻を首席卒業後、2013年に手織り手作りブランド「蝶楽坊」(現 織工房en)を設立する


brand history 

2013年 手織り手作りブランド「蝶楽坊」設立。
2015年 初の個展「紡ぐ色、織の光」展を大分県日田市にて開催。
小倉井筒屋コレットへ百貨店初出店。
2016年 福岡三越、久留米岩田屋、小倉井筒屋などの百貨店に出店。
2017年 蝶楽坊から独立し、ブランド名を「織工房en」とする。
第52回西部伝統工芸展に「吉野織着物 藤花」入選。
2018年第53回西部伝統工芸展に「吉野織着物 朝靄の滝」入選。


Share
Tweet
Share